宅建の資格と取得まで なんでも相談窓口

宅建の資格と取得まで なんでも相談窓口

「手に職を付けなさい」…昔から、人生の先輩や親などに言われてきたこの言葉の大切さは、技術が進化した今、リアルに人の心に響くようになってきました。
この手に職を付けるという言葉の「職」の具体的な意味は時代、時代によって変化はしていますが、根本的には「専門的な知識やスキル」を身につけるということでしょう。

なぜ、それが今大切に感じられかつ、注目をされるようになってきたのでしょうか?



こんな時代に感じる「手に職」の大切さ

就職した会社内で与えられた仕事を退職まで一生懸命にこなすことも大切なのですが、経済的にも社会的にも不安定なこの世の中、その職場自体が自分が定年まで順風満帆であるとは限らなくなってきました

そのために将来を考えて自の「腕」そのもので稼げるようになることも重要になってきたのです。そこで今、注目されているのが「資格取得」です。

年齢、性別に関係なく自分の興味のある分野や挑戦したい分野、得意とする分野での資格取得に励む人は年々多くなってきました。



人気のある実用資格「宅建」

世の中にたくさんある資格の種類のなかでも、実際に仕事に役立つ人気資格として毎年トップ5以内にランクインしているのが宅建の資格です。

宅建とはひとことで簡単に表現すると、「不動産関係の取引などに関連する仕事のエキスパート」として認めてもらえる資格のことで、国家資格です。

不動産関係と聞くと、「じゃあ、自分の仕事には関係ないかな?」と思う人もいるかもしれませんが、実に幅広い知識を必要とするのでこの資格を所持していると、転職や独立の際にも有利なのです。

また、仕事だけではなく自分で多くの不動産を所有している人が財産を守るために、宅建の資格取得を目指すこともあるので、不動産関係の仕事をしている人はもちろんのこと、それ以外の業界の人達も多く、毎年20万人ほどの受験者が挑戦しているのです。

そして数多くの国家資格のなかでも、宅建は比較的とり易い資格であることも人気の秘密でしょう。さらに大学や定められた専門学校卒であることが必要など、受験資格に条件がないのも大きな魅力です。



自信につながる国家資格

社会的に信頼のある国家資格を保有することは確固たる自信にもつながり、自分の「腕」で稼ぐ道への第一歩の始まりでもあります。

あなたもそんな宅建の資格取得、目指してみませんか?


>次のページ:そもそも宅建ってどんな資格なの?