合格を目指せる宅建試験の通信講座の選び方

合格を目指せる宅建試験の通信講座の選び方

合格者の多くが勧める宅建の通信講座ですが、世の中にたくさんある通信講座のなかから何を基準にして選べば良いのかはかなり迷うところでしょう。

もちろん予算の都合もあるので受講料は一番気になるところですが、「安さ」だけを基準にして選んでしまうのもちょっと問題のようです。



「合格」に照準を置いたカリキュラムかどうか

あくまでも宅建資格を取得することが最終目的なので、まずは「合格」に照準を置いたカリキュラムの通信講座か…という部分がとても大切になってきます。

そして資格試験の合格させるプロで、受講生の高い合格率を誇っている通信講座なら信頼がおけるでしょう。



肝心なのは使用している教材

そして重要なのが「どのようなテキストを使用しているか?」というところ!

試験勉強は誰にとっても大変なので、勉強そのものが楽しくわかりやすく記憶に残るように考えられた教材であることが合否を決めると言っても過言ではありません。

不動産や法律、税金など難しい用語や難解な説明が多い宅建なので、白黒の2色印刷で構成されているテキストですと、どうしてもポイントや重要な部分がわかりづらく、単調なので飽きてしまいます。

勉強する気力を保つためにもテキストはフルカラー印刷で、要所要所にイラストや図解なども入れ視覚面でも楽しくメリハリのあるテキストがベストです。

視覚で捉えた情報は頭の中に残り易いので、そのような部分まで配慮されているテキストなら最後まで読み進めることができます。



DVDは臨場感があり飽きないスタジオ撮影のもの

そして印刷物だけではなく、CDやDVDなどの五感に訴える教材がついていることも通信講座の重要な選択のポイントです。

わからない部分は何度も聞き直したり、見直したりすることができるので「読む」勉強を、さらに記憶に残るようにバックアップしてくれるのです。

そしてDVDの場合は授業風景をそのまま撮影したものだと、余分な雑音が入ったりしますし、単調なので退屈してしまいがちです。

通信講座専用にスタジオで撮影をされたDVDのほうが、テキストをベースに講師が「あなたに視線を向けて」説明してくれるので、臨場感がありわかりやすく集中して勉強することができます。




合格を目指せる宅建試験の通信講座の選び方 関連ページ

合格者に聞く!宅建のおすすめ勉強法
宅建の資格取得に成功した合格者は、様々な年齢層で様々な仕事の持ち主がいます。 1度目のチャレンジで合格した人も […]
宅建の資格取得は独学で合格できるか
「独学」、「学校への通学」、「通信講座」という3つの方法がある宅建資格の勉強方法ですが、一番お金もかからないの […]