合格者に聞く!宅建のおすすめ勉強法

合格者に聞く!宅建のおすすめ勉強法

宅建の資格取得に成功した合格者は、様々な年齢層で様々な仕事の持ち主がいます。
1度目のチャレンジで合格した人もいれば、やっと「3度目の正直」で合格したという人もいます。
そのような合格者に「どんな勉強をしていやのか?」を尋ねると、やはり「合格の決め手となったのは通信講座だった」…という人が多いようです。



なぜ合格者は通信講座を選んだか

合格者の中には…最初は学校に通学していたものの試験に落ちてしまい、要領はわかったので自宅で勉強する通信講座に切り替えたという人。

独学でスタートしたものの勉強しているうちにどこまで勉強範囲を広げていいのか困惑してしまったので、いちから通信講座で学んだという人。

また、独学だけど自分では意思も固く、勉強も続けられていたので自信満々で試験に臨んでみたものの、勉強範囲の配分を間違えていて思ったような点数が取れず不合格になってしまったので通信講座に切り替えた…という人もいます。



勉強以外のことにわずらわされずに済む

その人によってどんな勉強方法がベストかは環境や仕事、年齢、性格なども影響するので一概には言えませんが、合格経験者は、「出題傾向に合わせて勉強の範囲を自分で選択するのが難しかった」、「毎年の法改正で過去の問題回答が現在でも通用するのか調べるのが大変だった」…など、純粋に暗記したり勉強したり以外のことに時間を費やすことへの疑問を感じ、通信講座に切り替えた人が多いようです。

また独学ではつまづいた時に質問ができない、導いてくれる人がいないと方向性がわからなくて不安という人は最初から通信講座をチョイス。

合格に向けて点数を稼げる問題に勉強範囲を絞って徹底的に覚えたところ数ヶ月で初学者だったのに合格できたという人もいます。



「合格」を目標とした通信講座

つまり、「勉強すること」が目的ではなく「合格すること」が目的であると気がつき、方向に迷い時間をロスすることなく的を絞って勉強に集中できた…ということが資格取得への早道のようです。

「よい教材、わかりやすい教材を提供している通信講座を選択するのがキーポイントで、あとはやる気次第!」と語る合格者は多いようです。




>次のページ:合格を目指せる宅建試験の通信講座の選び方

合格者に聞く!宅建のおすすめ勉強法 関連ページ

合格を目指せる宅建試験の通信講座の選び方
合格者の多くが勧める宅建の通信講座ですが、世の中にたくさんある通信講座のなかから何を基準にして選べば良いのかは […]
宅建の資格取得は独学で合格できるか
「独学」、「学校への通学」、「通信講座」という3つの方法がある宅建資格の勉強方法ですが、一番お金もかからないの […]