宅建の資格取得するにはどんな勉強法がある!?

宅建の資格取得するにはどんな勉強法がある!?

毎年、20万人もの人が受験し、そのうちの3万人ほどの人が合格している宅建。

平均合格率は15%ほどと厳しそうに思えますが、問題は50問ですべてマークシート式でかつ8割近くが過去の問題をアレンジしたものが出題され、7割ほど正解すれば合格ラインになるので、決して大変な試験ではありません。

計画的に勉強すれば合格できる

つまり、宅建は必ずしも狭き門ではなく、年に1回の試験日に照準を合わせて計画的にきちんと勉強すれば充分に合格することができる資格試験なのです。

宅建試験にチャレンジする人は、下は10代の学生などから上は70代の高齢者まで実に幅が広いのですが、一番多いのは男性も女性も30代半ばです。

この世代は、社会経験を充分に経験し、中高年層に入る前にキャリアアップや転職などを改めて考え直す世代でもあるので、企業が推奨するほど人気の高い宅建の資格取得を図る人が多いようです。

そのために金銭的にも時間的にも余裕があり、1日好きなだけ勉強ができるという人は少なく、働きながら試験勉強をする人がほとんどなのですが、皆さんはどのような勉強方法をとっているのでしょうか?



資格取得の3つの勉強方法

宅建の資格取得をするには3つの勉強方法があります。

1) 独学
一つ目は誰でもすぐにスタートできる「独学」です。他の資格取得勉強も同様ですが、独学は一番お金がかからない方法です。

自分でチャレンジを決めさえすれば市販のテキストや参考書、問題集などの中から好きなものを選び、自分の都合の良い時間に自宅でもカフェでも好きな場場所で勉強することができます。

2)通学
そしてもう二つ目は資格学校に「通学する方法」です。授業料はかかるのですが、直接授業を受けられるのでわからない部分は質問できたり、自宅での学習方法などのアドバイスを受けたりできます。他に同じ志を持つクラスメートがいるので刺激を受けることもできます。

3)通信講座
そして三つ目は一番人気の高い「通信講座」です。

合格を目標としたカリキュラムで勉強することができ、自分で教材を選んだりスケジュールを考えたりに時間を費やすこともなく、自宅で独学の気楽さを味わいながらも学校と同じ内容の勉強をすることができるのが最大のメリットでしょう。




>次のページ:宅建の資格取得は独学で合格できるか

宅建の資格取得するにはどんな勉強法がある!? 関連ページ

気になる宅建試験の難易度や合格率
受験者の人数と年齢、合格率 宅建試験を申し込む人は、平成24〜25年度を例に挙げると、全国で236350人(平 […]
知っておきたい宅建試験の概要
宅建資格は国家資格ですが、年齢、性別、国籍、学歴など、一切関係がなく自分で挑戦したい!と思えば誰でも受験するこ […]